闘病中の女性にとっての医療用ウィッグの価値

女性用医療用ウィッグの最新事情!

女性用医療用ウィッグの選び方のポイント!

増えつづける乳がん患者数。医療用ウィッグの必要性

いま乳がんにかかる女性が非常に増えています。ひと昔前の2000年以前に比べますとその数は倍以上になっていて、今では年間5万人以上の女性が乳がんにかかっています。

乳がんで怖い点は二つあります。まず一つ目は死亡率が高いことです。とはいえ最近は抗がん剤が非常に進歩していますから死亡率はうんと減っています。したがって以前に比べると死に対する恐怖は薄らいでいます。ではもう一つの怖い点とは何なのでしょうか。それは抗がん剤治療で避けられない脱毛です。

女性にとって脱毛は耐え難い苦痛です。なぜなら女性にとって髪の毛は命の次に大事なものだからです。

脱毛するということは、大切な髪の毛を失ってしまうことです。これは女性にとっては耐え難い苦痛です。そんな苦境に陥った女性を救ってくれるのが医療用ウィッグなのです。

女性が脱毛して髪の毛を失うと、人前に出るのが恥ずかしくなるほど見た目の悪くなります。

そんな状態を医療用ウィッグが救ってくれるのです。これをつけると脱毛を隠してくれると同時に見た目を元の状態に戻してくれるのです。したがってこれをつけることによって再び生きる希望を見出すことができるのです。

女性にとって医療用ウィッグほどが大切なものはない

医療用ウィッグは医療用かつらと言っても良いのですが、オシャレやファッション用の一般的なかつらと異なるのは女性をターゲットにしたものが圧倒的に多い点です。

もちろん男性向けの医療用ウィッグがないわけではありません。でも女性用に比べると存在感が乏しく、あまり目立ちません。でもなぜ医療用ウィッグは女性用のものばかりが目立つのでしょうか。この疑問に答えるのは簡単です。

それは女性と髪の毛の関係を考えてみるとすぐ分かります。まず女性にとって髪の毛の位置づけは窮めて高い所にあることに気づきます。

位置づけが高いを言い換えると大切なものということになります。ではどれくらい大切なのでしょうか。

よく髪は女の命と言われることがあります。命は人にとって最も大切なものです。ということは、髪の毛も命と同じ程度に大事なことになります。とは言え、命あってこその髪の毛ですから、おそらく命の次に大切なものであるという意味なのではないでしょうか。

この言葉が表すように、女性にとって髪の毛はそれほど大事なものなのです。したがって女性が病気のために脱毛などの障害が起きたりすると、命を失うような衝撃を受けるのです。

そういった衝撃を和らげてくれるのが医療用ウィッグなのです。したがって女性にとって、医療用ウィッグはかけがえのないほど大切なものと言えるのです。