女性なら、入院前に用意しておきたい医療用ウィッグ

女性用医療用ウィッグの最新事情!

女性用医療用ウィッグの選び方のポイント!

医療用ウィッグとファッション用のウィッグ

ウィッグといっても種類があります。女性向けのファッション用の物と医療用の物ですね。

では、この両者の違いは何なのでしょうか?基本的に医療用の物は頭皮に優しく作られています。通常のウィッグを使用した場合、どうしても頭皮が蒸れてしまったりとあまり通気性が良くありません。ですが医療用の物ですと通気性もしっかり確保されていますので、蒸れて気持ちが悪くなってしまう事がありません。

闘病中の脱毛ですと、頭皮に痛みやかゆみを感じてしまう場合があります。この時に通気性の悪いウィッグを使ってしまうとできものが発生するケースもありますね。そうなると余計な治療を増やしてしまうことにもなってしまうのです。そういった事もあり、抗がん剤治療での脱毛の際には医療用ウィッグを使う方がほとんどなんです。

医療用ウィッグの選び方

確かにファッションウィッグの方が安価なので手を出しやすいのですが、やはり治療中には医療用の物の方が好ましいのです。病院側でもウィッグを使用する際にはなるべく医療用の物を使うようにとの指導をしている所も少なくはありません。それだけ過去に蓄積されたデータがあるということでもありますね。

準備は早めに行なう方が一般的になってきました。治療が始まり、実際にご自分の髪の毛がどんどん抜けていくのを見ると精神的なダメージも大きいです。なので早めにご用意される方が増えてきましたね。

この時に気をつけて頂きたいのはサイズ選びです。例えばロングヘアーの方が医療用ウィッグを使用する場合、髪が生えている状態と抜けてしまった状態ではサイズが違ってくるのです。なので、購入時にはぴったりだったはずのウィッグが脱毛が進んでいくと合わなくなってしまう事がございます。早めに準備する場合はこういったトラブルが起こる事がありますので、出来ればサイズを確認する前に髪をベリーショート等にカットしておくと失敗が少ないですね。美容院でも可能ですので、お問い合わせしてみて下さい。

医療用ウィッグの重要性

何故医療用ウィッグが生まれたのか、それは求められているからです。治療中にデリケートになるお肌を守る為に作られた、まさに治療中の人の為の存在なんです。

ご予算の関係でファッション性の高い物をお選びになる方もいらっしゃいますが、やはり治療中にはふさわしくないという事ですね。余計な心配事を増やさない為にも是非医療用の物を選んで頂きたいと思います。1度使用してみれば、その価値を実感できるかと思います。