ガンになった私が愛用!女性用の医療用ウィッグ

女性用医療用ウィッグの最新事情!

女性用医療用ウィッグの選び方のポイント!

同情されたくなくて余計に頑張る、そんな女性の相棒!

26才のときにガンにかかって、抗がん剤治療を受けるようになりました。若いといっても21才の時から翻訳・通訳の仕事をしていて、世界各国を飛び回っていた私は、ガンで悩むよりも仕事の締切りと治療のスケジュールを同時にこなすのが必死で、ガンが怖い病気などと思い悩む暇はありませんでした。

いろんな国でガン患者とも接してきましたが、「若いのに可愛そうね」とか、「女性なのに可愛そうね」などと哀れみの目を向けるのは日本人くらい。他の国はガンを特別視することなく、病気の1つだとみているのでけっこう普通に接してくれます。

どちらがいいとか悪いとかではなく、私はそんなふうに「若いから女性だから」と特別視されるのが嫌で、日本にいるあいだは余計に元気に頑張ってきました。

そんな私の元気を支えてくれるのがアンベリールの「シルフィ」という医療用ウィッグでした。友人にすすめられてインターネットで購入したのですが、軽くてフィット感が良くて、そのうえネット構造なので通気性も良いという3拍子がそろっている多機能なブランドでした。

私のように負けん気が強くて行動第一の女には、“これくらいのフィット感がないとズレちゃう”ということを友人はちゃんと読んでくれていました。

2つ買うと35,600円も値引になる医療用ウィッグ!

私が愛用しているウィッグは、スタンダードタイプの製品で、5万円もしない製品でした。

値段からするとそんなに高機能だとは思えなかったのですが、「アジャスター」や「耳はね防止機能」、「幅広ネット」などがついていて驚くほど細やかです。

高級品でもないのに手が込んでいることに感心させられましたが、この価格で2つのウィッグを同時に購入すると最大で半額になるという広告も見つけて、試着後にはすぐに「2台同時購入」というプランを決めました。

1つで47,840円、2つなら95,680円するところを、スタンダードプランなら35,600円も割引してくれます。計算すると2つのウィッグを買って60,080円という安さです。

1つが約3万円のウィッグ、しかも脱毛した頭をしっかり支えてくれなければ困る医療用ウィッグでこの値段というのはビックリです。すでに私は2台同時購入というのを3回繰り返しているので、6つのアンベリール「シルフィ」を所有しています。

2つのヘアスタイルを選ぶときは、1つは定番のショート。もう一つはセミロングで色違いなど、組み合わせを楽しんでいます。

女性だから可愛そうだなんて言われたくなくて頑張る、そんな気持ちに寄り添ってくれるようなシルフィが、私にはピッタリです!