医療用ウィッグを被って女性に起きる変化って?

女性用医療用ウィッグの最新事情!

女性用医療用ウィッグの選び方のポイント!

第1の変化 医療用ウィッグのおかげで外出できるようになる!

医療用ウィッグは病気などで髪の毛が脱毛したり、髪や頭皮に何らかの障害が起きたりしたときに使用されるものです。つまり髪が変形して醜くなったのを隠すのが第一の目的になります。したがっておしゃれやファッション用のウィッグが髪の毛を飾ることに第一の目的にしているのとは大きく異なります。

同じウィッグでも一方の目的は飾ることにあり、他方は隠すことにあるのです。とはいえ医療用ウィッグに飾るという要素が無いわけではありません。でもそれはあくまで二義的な目的でしかなく、本来の目的は障害の起きた髪の毛を隠すことと、それをケアすることにあります。

医療用ウィッグを最も必要にする人が誰かといえば、それは抗がん剤治療の副作用によって脱毛が起きた女性たちです。抗がん剤の副作用は非常に強く、中でも激しい脱毛が起きるには珍しいことではありません。これが多くの女性を苦しめるのです。髪はもう元には戻らないかも、がんは治らないかも~。そういった恐怖もつきまといます。

そういった人生最大のピンチにあるとき、救いの手を差しのべてくれるのが医療用ウィッグなのです。なぜなら脱毛して人に会うのもいやなぐらい見た目が悪くなった姿を、医療用ウィッグが隠してくれるからです。また脱毛で打ちひしがれていた気持ちに少しずつ元気を与えてくれるのです。

第2の変化 女性として自分らしく生きる希望を与えてくれる!

医療用ウィッグつけると、病気で沈んでいた気持ちが少しずつ明るさを取り戻してくれます。つまり失いかけていた生への希望を取り戻してくれるのです。抗がん剤治療で脱毛した女性は、命の次に大事な髪の毛を失うのですから、がんによる恐怖と相まって、ともすれば生きる希望を失ってしまうことも少なくありません。

幸い今は抗がん剤の進歩により死に対する恐怖はいくぶん少なくなりました。でも脱毛は避けられませんから、その苦痛からは逃れることはできません。とはいえ苦痛を和らげる方法はあります。それが医療用ウィッグを使うことなのです。

脱毛で最も苦痛なのは、見た目が悪くなることです。女性が髪の毛を失うとルックスは一変します。つまり人に見せたくないほど醜くなるのです。それが女性にとって最大の苦痛なのです。こんなとき救いになるのも医療用ウィッグなのです。これをつけると脱毛で醜くなった部分が隠れてしまいます。それにウィッグのデザインによっては、以前よりルックスがよくなるかもしれません。

  • 医療用ウィッグを被ることで気持ちが前向きになる。
  • 失った髪は、いずれまた生えてくると考えられるようになる。
  • (医療用ウィッグを被った)この姿なら、外出してもいいという気持ちが強くなる。
  • 買物に行ってみよう、友人に会ってみようなどと思えるようになる。
  • 外出機会が増えると、自然と体力が付き、脚力アップにもつながる。
  • 表情が明るくなって、会う人から「元気になったわね」と言われることが多くなる。
  • 自分に自信がつく。より行動的・積極的な日常に変化していく。
  • 日常生活・社会生活、会社への復帰が早まる。

医療用ウィッグは、女性の気持ちや日常生活に、自然とパワーを与えつづけてくれます。そうなると沈んできた気分も回復し、好循環が始まります。そして次第に元気が出てきて、失いかけていた生きる希望が再び沸いてくるのです。