血圧サージと医療用ウィッグ。女性の若々しさに挑戦

女性用医療用ウィッグの最新事情!

女性用医療用ウィッグの選び方のポイント!

チャレンジの道具。医療用ウィッグ、ヘアメイク、ネイリング

女性が美しく若々しくあるには、たとえ闘病中の身であっても目標をもって前向きになることが大事という意見をよく耳にします。実際に医師や看護師、介護関係者が一同に会して、そのための運動をはじめている県や市があります。そこで重要なツールになるのが医療用ウィッグやヘアメイク、ネイリング技術など。

一方で血管を若々しく保とうとか、血流を良くしようなどと、身体の内部から若々しさを取り戻そうという医師の運動も活発になってきました。みなさんも「血圧サージ」という言葉を耳にしたことがあると思いますが、この血圧サージとは、普段、血圧が正常な人でも急に高くなって、脳卒中などを発症してしまう“要注意現象”のこと。

高めの人でも、平均値に収まっている人でも起こり得る現象だけに、注意が必要です。
寝不足や運動不足、生活習慣病につながる一切のことには要注意。退院以来、お酒やタバコを口にしている方がいたとしたら、即刻やめるようにしましょう。この血圧サージについては、闘病中の女性たちにとくに強い警鐘が鳴らされています。

  • 抗がん剤治療を終え、退院してからのしばらくは運動不足の日々がつづく。それによって血流が鈍くなり、血圧サージの危険性が増す。
  • 運動機会が減少すれば、必然的に食生活が乱れはじめる。偏った食事が、血の流れを悪くし、その結果、生活習慣病を併発することも。
  • 食習慣・運動機会の改善をはかろうとするのは良いが、過度なダイエット行為は逆効果。徐々に心とカラダを慣らし、日数をかけて行なうのがベスト。

外出前の女性の身だしなみは、ウィッグを整えることから

闘病中は外に出かけている時間より、家の中にいる時間のほうが多くなるので、自分は大丈夫と過信しないことも血圧サージを回避する心得かもしれません。そして、外出に対しての意欲を増すには、先にお話ししたように、医療用ウィッグやヘアメイク、ネイリングの存在を見直してみる必要があります。

  • 手元にある医療用ウィッグをチェックし直してみましょう。アジャスターなどの留め具が弱くなっていることがあります。
  • ネットの弾力性が弱まっていると、ウィッグの形がキープできず型崩れしたような状態になります。また通気性も悪くなります。
  • ウィッグの毛髪が縮れたり絡んだりしてブラシが通りにくいときは、無理をせず、メンテナンスに出しましょう。
  • 体力回復には運動量の向上が問題になりますが、ウィッグは汗が溜まりやすく乾くまでの時間が必要なので、できれば2つを用意しましょう。
  • 新たに医療用ウィッグを購入する際は、軽いこと、ネット構造であること、通気性が確保されていること、十分なアジャスト機能が確保されていることを確認しましょう。

ヘアメイクやネイリングは、プロの手を借りるなどなかなか手間のかかるリフレッシュツールですが、医療用ウィッグは新しく購入するか手元の製品を見直せばすむ話なので、意外と早くスタンバイできます。男性にくらべて女性は、引きこもりになる率が高いともいわれています。外出の手がかりは早めにつかみましょう。