女性だから?医療用ウィッグ、美しさへのこだわりって?

女性用医療用ウィッグの最新事情!

女性用医療用ウィッグの選び方のポイント!

医療用ウィッグのメーカーがこだわる“見た目の自然さ”

ウィッグの「見た目の自然さについてどう思うか」という問いに、「会社に着けて行ってバレたことは一度もない」と言い切った回答がメーカーに寄せられていいます。また「着けていることをわすれてしまいそうになることも」とさえ付け加えていいます。このような模範解答のような答えがほんとうに寄せられているのでしょうか?

さらに価格も「こんなに安くて」と言っています。メーカーにしてみれば百点満点以上の回答です。ウィッグメーカーは、事実、見ための自然さを大命題にしています。とくに女性用で医療用となれば、そのでき不出来が客の社会復帰を左右してしまうし、バレてしまうようなウィッグではリピーターになってもらえなせん。それどころか悪評が拡散して命取りになることもあります。

安いのにバレないウィッグの実現に一生懸命

  • ウィッグの自然さを実現するには総手植えが必要。そのためには職人の手作業が絶対条件で、コストが上積みされてしまう。
  • コスト高になっても、販売価格には上乗せできないので、他の部分の削れるコストを削って極限まで節約しているのが通販。
  • 「安くてしかもバレない自然さ」は不可能に近い命題でも、それで1人でも多くの女性に喜んでもらえるならと努力を継続している。

“自然・美しさ・軽さ”が女性の健康や社会復帰に直結

軽さを作り出すことによるユーザーのメリットには、2つの側面があります。1つは軽いことによって着用時間が長くなり、活動的になれること。もう1つは、頭部の負荷をなくして通気性を良くし、ユーザーの頭皮頭髪環境、発毛環境を良好に保つこと。

そのためには、シリコンやウレタンを廃したネット構造が必須で、しかも頭部にぴったりフィットするような高い縫製技術が不可欠になります。この工程も機械で行うのには無理があり、職人の手作業に頼らざるをえません。

このように考えていくと医療用のウィッグは大半の部分が職人技で出来ており、高コストの塊のようなものです。また現代の医療用ウィッグはそのほとんどがネット構造になっていますが、同じネットでも弾力性や伸縮性、ネットの品質によってフィット感、通気性が変わってきます。

さらに言えばウィッグの毛髪も、グラデーション効果の強弱で、髪に自然の立体感が創出できるかどうかに差が出ます。6色以上の毛髪を使ったウィッグは太陽光が当たったときに非常に自然な陰影が生まれ、ふんわりした感じになります。色数が少なくなるほど、ベタっとした感じになります。

ウィッグの軽さが生み出す効果は多岐にわたる

  • 着用時間が長くなり、運動時間が増える。
  • 着用により、日中の女性の美意識、誇りを維持できる。
  • 発汗リスクが軽減し通気性を確保。頭皮を清潔に保てる。
  • 発毛環境を良好に保てる。生えてきた毛が順調に育毛される。
  • 頭痛や肩こり、腰痛など、ウィッグ特有の弊害を軽減できる。

着用によって頭に違和感が残れば、着けていることに不要な努力を強いられることになります。先にご紹介したような利用者からの感想や回答は、実感にもとづく短い文章・コメントですが、ウィッグという製品を細かく分析していくと、それだけではない多くの機能や効果が見えてきます。