医療用ウイッグは闘病中の女性だけでなく周囲の人も変えるアイテム

女性用医療用ウィッグの最新事情!

女性用医療用ウィッグの選び方のポイント!

医療用ウイッグを購入した女性と家族・友人

母親が医療用ウィッグで変わった(50代女性)

母は抗がん剤の治療で髪が抜けましたが、ウィッグを使うと若々しくなりました。以前は白髪を染めるのが面倒だったので、かなり老けて見えてたからです。髪もぱさぱさしていて、気になっていたようです。

私は昔の母の写真を見て、そっくりだと思いました。母は、ショートボブのほうが似合うのです。自然なつやのウィッグで、目立たないのがよかった。私は母が元気になってくれて、ほんとうにうれしいです。これから一緒に温泉に行けるし、周囲を気にしなくてもいい。旅行が好きな母のために、ネットでいろいろな場所を調べるようになりました。

友人のほっとした顔が忘れられない(40代女性)

がんで闘病中の友人に、通販でウィッグが購入できることを話しました。髪のことはデリケートな話だったので、もしかしたら嫌われるかもと思いました。友人は「ありがとう」と言いました。その時のほっとした顔が、いまでも忘れられません。

髪が抜けるのは、ほんとうにつらかったんだなあと思いました。友人はネットで検索して、つむじが目立たないアンベリールのウィッグを購入。今は仕事にも復帰して、精神的なストレスもないと話しています。

妻に医療用ウィッグをプレゼント(70代男性)

私は闘病中の妻に、ウィッグをプレゼントしようと思いました。最初に買ったのは、すぐにかつらだとわかるような商品です。ですから妻は、かつらをつけるのをいやがりました。

医療用ウィッグについてネットで調べた結果、素材がいい会社があると知りました。運よく無料試着ができると知って、注文してみました。見た目が目立たないだけでなく、通気性もいいのですぐに決めました。闘病中に心地いいウィッグをつけるのは、精神的にもとてもプラスになります。

ウィッグの購入で店舗に行かなくてもいい

家でゆっくり試着ができる通販

闘病中の女性が、ウィッグの店舗や展示会に出向くのはとても勇気が入ります。ですが通販なら家でゆっくりと試着が可能です。家族や友人に、似合っているか相談することもできます。

闘病中の女性と優しい周囲の人たち

女性が髪を失うと、精神的なショックが大きいです。しかし周囲の人の応援で、明るく過ごしたいと思うようになります。通販で医療用ウィッグのよさをわかった人は、気持ちが変化してきます。おしゃれな女性は、エクステを利用して地毛以外を楽しんでいます。このような家族や友人と話していると、自然に前向きな気持ちになるのです。